iOS

[Swift]AlertControllerでメモリリークが起きた!便利なMemory Graph

投稿日:2019年12月16日 更新日:

はじめに

こんにちは、suzukiです。この記事の結論は2点あります。AlertControllerが悪いわけではなく実装が悪かった。Memory Graphは便利!の2点です。記事の内容自体はアンチパターンとでも思っていただければ幸いです。今後の自分の調査・解析の際にMemory Graphを使用することを考えていこうというだけです。

今回の問題

今回の発症した問題の詳細は割愛させていただきますが、消したはずの画面が通知を受け取っているようなログが表示されていました。。
アプリとしては問題ない遷移と動作がおこなわれていたため気づかず開発をしていました。しかしながらある時ログに気づいてしまったため原因を調べていきました。

deinitの調査

しばらく調べた結果、念のためdeinitが呼ばれていないのではと疑い、deinitにBreakPointとprint()を記述してみたところ
見事に呼ばれていませんでした。便利ですね、deinit、、、、通知の解除を行うコードはここに書かれていたため呼ばれていないことが確定。

原因の調査

deinitが毎回呼ばれないということは何か明確な問題があるはずと思い。
コードをどんどんコメントアウトしていきました。不幸にもWKWebViewがある画面でDelegateまみれで全部疑わしく見えていました。
地道に確認したところWebViewのJavaScriptのアラートを表示するコードを削除したら、deinitが呼ばれました。
今回問題となった箇所を抜き出すと下記のようなコードとなります。

アラートの表示を行うクラス

上記を実装しているViewController

解決策

ここだけ見ると問題は単純で循環参照が起きてました。
showAlertCallBackに対して[weak self]を記述することにより循環参照が解消されます。

Memory Graphについて

問題の解決がしたところで、この話をしたところMemory Graphが便利だと聞きました。
循環参照の検知はできたりできなったりですが、インスタンスが破棄されていないことなどは一目でわかります。
問題が起きている状態で試しに動かしたところ下記のようになりました。

プロジェクトをある程度動作させた後にやってみたら、気づかなかったメモリーリークが見つかるかもしれません。
一度使ってみてください。

さいごに

XCodeで普段使っていないけど便利な機能はたくさんあるのだと再確認できました。せっかく便利なツールを使っているので、有効的に使っていけるよう、今一度XCodeの機能を再確認していきたいです。

おすすめ書籍

詳解 Swift 第5版 [改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 第8版 【Xcode 11 & iOS13】 完全対応

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

1 はじめに2 TTTAttributedLabelとは3 CocoaPodsでインストール4 実装4.1 Labelの表示4.2 タップの検知5 さいごに はじめに こんにちは。 はじめましてnuk ...

Apple製のフレームワークCombineを触ってみた

1 はじめに2 Combineとは3 Publishers3.1 Future4 Subscribers4.1 sink4.2 assign5 Operators5.1 Prepend5.2 Appe ...

swift

[Swift3] Segmentを使った画面切り替え (Extra View)

1 はじめに1.1 前提条件2 Segmentの用意3 表示したいViewを用意4 Extra Viewsに追加5 Segmentでの切り替え5.1 デフォルトで表示されるViewを設定5.2 Seg ...

【Swift】iOS14 で変わるプライバシー主にIDFA周り

1 はじめに2 iOS14のプライバシーについて2.1 IDFAについて2.2 iOS14でどのような動きになるか2.3 今後の対策として3 その他のプライバシーについて4 さいごに5 おすすめ書籍 ...

UIWebViewからWKWebViewへの移行

1 はじめに2 ターゲットとなるUIWebViewで行なっていること3 URLへのアクセス4 ローカルHTMLの読み込み5 ページを戻す、進める6 ページの読み込み開始時や終了時に処理を行う(dele ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。