BackEnd

Stripe Connectを使って継続課金を実装

投稿日:

はじめに

前回は、Stripe Connectの導入について説明しました。今回は、一歩踏み込んで、Stripe Connectでサブスクリプションを実装する方法について紹介します。今回もダイレクト支払いのケースになります。

商品・価格の登録

Stripeには製品と価格の概念があります。製品と価格は1:多の関係にあるため、1つの製品の購入方法をユーザに複数提供することができます。
例えば、あるサービスの利用権利を製品として販売する場合、月額課金と年額課金プランを別々の価格として登録し、紐づけておくことで、ユーザに複数のプランから選んでもらえるようになります。
今回は製品と価格をあらかじめ登録しておき、月額課金を構築していきます。

マイグレーション

productsテーブルにStripeの商品ID、価格IDを持たせるため、前回のマイグレーションに追記します。

製品・価格登録処理の実装

次に、ProductControllerに商品登録用のfunctionを追加します。

store() でStripeへの製品・価格登録と、productsテーブルへのインサートを行っています。前回と同じように、第二引数でショップのStripeアカウントIDを渡すことで、ショップに紐づく製品・価格登録をします。

最後に、製品登録を行うためのviewを作成します。

これで実装は完了です。

Stripe管理画面での確認

 

実際に登録し、Stripeの画面上で登録できたことを確認します。
Stripeで商品を見てみると、登録した製品と価格が入っていることが確認できます。

サブスクリプション登録

それでは、実際にサブスクリプション登録処理を作成していきます。

事前準備

課金処理用のルーティングを通しておくため、web.phpに以下を追記します。

課金処理の実装

課金処理を実装していきます。

処理の流れとしては、

  1. ショップの顧客の存在チェック。ショップの顧客が存在しない場合は、顧客の作成
  2. 顧客に対して支払方法の登録
  3. 課金登録

という流れになります。
ダイレクト支払いの場合、Connectアカウントごとに顧客管理する必要があります。そのため、今回の場合はショップを初めて利用する顧客の場合のみ、新規作成するようにしています。

最後に、viewを作って完成です。(前回作ったものと同じです。)

Stripe管理画面での確認

Stripe Connectアカウントの定期支払を確認すると、定期支払が登録されていることを確認できます。

さいごに

このように、Stripe Connectで月額課金が出来るようになると、マーケットプレイス型の課金プラットフォームを構築することができます。参考にしてみてください。

おすすめ書籍

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Docker上のLaravelのログをFluentdに出力する

1 はじめに2 環境3 Fluentdについて4 目的5 Fluentd本体はdocker-composeで導入5.1 fluentd5.2 db5.3 app5.4 web6 Laravelからログ ...

Go言語

Go言語の基礎〜基本構文その2〜

1 はじめに2 配列3 スライス3.1 スライスの宣言3.2 len3.3 append3.4 range3.5 値の切り出し3.6 可変長引数4 map4.1 宣言と初期化4.2 マップの操作4.3 ...

rails

Shrineでアップロードする際に画像を加工する

1 はじめに2 アップロードする画像のリサイズ2.1 Gemを追加2.2 Uploaderの修正3 サムネイルを作成する3.1 Uploaderの修正3.2 サムネイルを表示する4 バリデーションの追 ...

rails

関連するモデルのレコードを一緒に作成する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 モデルの作成2.2 コントローラの作成2.3 Viewの作成3 さいごに はじめに フォームからレコードを作成する際に、関連するモデルのレコードを一緒に作成 ...

Go言語

Golangのファイル操作基本

1 はじめに2 ファイル/ディレクトリの操作2.1 ファイル/ディレクトリの存在を確認2.2 ファイル/ディレクトリの名前変更2.3 ファイル/ディレクトリの削除2.4 ディレクトリ内のファイル確認2 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。