BackEnd

Laravelでの署名付きURL生成

投稿日:2021年11月29日 更新日:

はじめに

Webアプリケーションでは、署名付きURLを使用してURLリンクが改竄されていないか確認したい場面が出てくると思います。例えば、各ユーザー用にサービスの退会や購読の中止を行うAPIのリンクなどでよく使用されると思います。

Laravelではこういう場面で使用出来る署名付きURLを簡単に生成出来るので、紹介したいと思います。

今回のサンプル

以下のようなシンプルなビューを作成して、署名付きURLを生成して、利用してみたいと思います。
各ボタンをクリックするとURLが生成されて表示されます。
生成されたURLをクリックすると、署名確認を行い問題無ければsucceed画面に遷移します。
署名確認が出来ないと、403エラー画面に遷移します。

ビュー

シンプルに作成します。

ルーティング

署名付きURLの生成には、名前付きルートが必要なのでルーティング設定しておきます。ここでは unsubscribe と名前付けています。

コントローラー

署名付きURLの生成

URLファサードの signedRoute メソッドを使用します。第一引数にルート名、第二引数に任意のクエリパラメーターを付与できます。
サンプルでは、 user_id=1234 のクエリパラメーターを付与してます。

サンプルでは、 http://localhost:8080/unsubscribe/result?user_id=1234&signature=cf2c234bef0a53b1c2efcc2dfa67263e5fc004a619a42230d2fb486d084216de というURLが生成されます。
このリンクのクエリパラメーターのuser_idかsignatureの値を変更してクリックしてみると、署名の確認に失敗して403エラーが返却されます。

期限ありの署名付きURLの生成

URLファサードの temporarySignedRoute メソッドを使用します。第一引数にルート名、第二引数に有効期限、第三引数に任意のクエリパラメーターを付与できます。
サンプルでは、 $expire = now()->addMilliseconds(3000); で、有効期限を3秒としています。

サンプルでは、 http://localhost:8080/unsubscribe/result?expires=1637952579&user_id=1234&signature=af4b315820de0aff1274d9abf0857115289a5285db1a5f5ee6d893bec3dcde87 の様なURLが生成されます。
expiresは有効期限なので、生成の度に値が変わります。
こちらもクエリパラメーターの値を変更したり、有効期限経過後(サンプルは3秒)にクリックしてみると、署名の確認に失敗して403エラーが返却されます。

署名のチェック

ミドルウェアを使用します。Kernel.phpの$routeMiddlewareに記載されてなければ追記します。 'signed' => \Illuminate\Routing\Middleware\ValidateSignature::class

ミドルウェアでは hasValidSignature メソッドを使用して、署名のチェックを行っています。

おまけ

署名の仕組

署名の確認方法ですが、URL生成時は、signatureのクエリパラメーターを除いたURLをハッシュ化した値をsignatureに持たせています。
署名確認時も同様に、signatureのクエリパラメーターを除いたURLをハッシュ化した値を、クエリパラメーターのsignatureの値と比較して、改竄されているかどうかを確認しています。
意外とシンプルなロジックの様です。興味のある方は、メソッドの中身を一度見てみてみるとすぐに分かるかと思います。

さいごに

有効期限ありの署名付きURLを簡単に生成することが出来ました。
よくあるメールでユーザー個別のURLリンクを送信する事も、サンプルの応用で簡単に出来そうです。

おすすめ書籍

PHPフレームワークLaravel Webアプリケーション開発 バージョン8.x対応 動かして学ぶ!Laravel開発入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Laravelのchunkメソッドとcursorメソッドのメモリ使用量

1 はじめに2 テスト用のデータ準備3 get()4 chunk()5 chunkById()6 cursor()7 さいごに8 おすすめ書籍 はじめに テーブルの全レコードに一括で処理を行うバッチを ...

Go言語

Go言語でGinkgoを利用してBDDしてみた

1 はじめに2 BDDとは3 Ginkgoについて3.1 Ginkgoの概要3.1.1 Describe3.1.2 Context3.1.3 It3.1.4 JustBeforeEach3.1.5 B ...

Go言語

Go言語のエラーハンドリングとログローテーション

1 はじめに2 エラーハンドリング2.1 error インターフェース2.2 pkg/errors パッケージ3 独自のエラータイプ付き errorsパッケージを作成4 log パッケージ4.1 lo ...

rails

RailsでAjax処理で画面を更新する

1 はじめに2 View(遷移元)の設定3 Controllerの実装4 View(遷移先)の実装5 参考6 さいごに はじめに RailsでAjax処理で画面を更新する方法を簡単に紹介します。 Vi ...

Stripe Connectを使って継続課金にクーポンを適用する

1 はじめに2 クーポンについて2.1 クーポンのタイプ2.2 期間2.3 引き換え回数制限2.4 その他3 クーポンの作成4 クーポンの使用4.1 定期支払にクーポンを適用4.2 Checkoutで ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。