BackEnd

Laravelの便利メソッドupsert

投稿日:

はじめに

LaravelでUPSERTを行いたい場合にupdateOrCreateメソッドを使った事があるかと思いますが、Laravel8系から一度で複数レコードのUPSERTを行える便利なupsertメソッドが出ていたので紹介したいと思います。

upsertメソッドとは

1つのクエリで複数レコードのUPSERT(すでに更新対象となるデータが存在すればUPDATEを実行し、無ければINSERTを行う)を簡潔に行う事が出来ます。

今まで同じ事をしようとする時は、数が少なければforeachで updateOrCreate メソッドで1レコードずつ処理したり、自前でSQLを用意してしていたかと思いますが、このメソッドを利用する事でスッキリと書けます。

使い方

例えば、usersテーブル(id、email、nameのカラム構成)でupsertメソッドを使ってみたいと思います。
例えば、id=1の1ユーザーのみ保存されている状態で以下の様にupsertメソッドを実行すると、

id=1のレコードは既に存在しているのでUPDATEされ、id=1以外のレコードはINSERTされます。
UPDATEされるレコードでは、nameカラムのみが更新されます。
引数で渡している値はそれぞれ

  • 第一引数:UPSERT対象となるデータの配列。ここに第二引数と第三引数(省略しない場合)の値が含まれている必要があります。
  • 第二引数:レコードのユニークを識別するカラムの配列。プライマリーキー or ユニークキー(複数もOK)
  • 第三引数:UPDATEされる場合に更新したいカラムの配列。これを省略すると、全カラムが更新対象になるようです。

となっています。

usersテーブルでは、emailカラムにユニーク制約されているので、以下の様に書いても同じ結果が得られます。

タイムスタンプ

Userモデルでタイムスタンプが設定されていれば第三引数にタイムスタンプ用のカラムを含めなくても、
INSERT時には created_atupdated_at に値が入り、UPDATE時には updated_at のみ更新されます。

生成SQL

Mysqlの場合では、ON DUPLICATE KEY UPDATE ステートメントが生成されてました。

さいごに

upsertメソッドを利用すると、簡潔に複数レコードのUPSERTを行う事が出来ます。Laravelは色々便利な機能を追加してくれますね

おすすめ書籍

プロフェッショナルWebプログラミング Laravel 速習 Laravel 改訂2版 速習シリーズ

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravel Admin でCSVインポートを実装する

1 はじめに2 下準備2.1 Laravel Adminの導入2.2 Laravel Excelの導入3 Laravel Excelの実装3.1 Importクラスの作成3.2 モデルのfillabl ...

新時代のPythonプロジェクト・パッケージ管理ツール「Rye」使ってみた

1 はじめに2 Ryeとは?3 Ryeを使ってみる3.1 Ryeのセットアップ3.2 仮想環境に入る3.3 依存パッケージの追加4 VSCodeから使ってみる5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに P ...

laravel logo

LaravelのHttp Facade

1 はじめに2 基本定な使い方2.1 get2.2 post3 タイムアウト4 リトライ5 マルチパートリクエスト6 エラー処理7 さいごに8 おすすめ書籍 はじめに 現在関わっている案件でHttpク ...

WebアプリからLINEのメッセージを送る方法

1 はじめに2 Messaging APIとは2.1 Messaging APIの仕組み2.2 Webhookイベント2.3 メッセージオブジェクトの種類2.4 料金形態3 LINE Develope ...

laravel logo

Laravelでテストコードを書くには? Featureテスト/Unitテスト

1 はじめに2 FeatureとUnitの使い分け3 テスト用データベースの準備4 Featureテスト4.1 テスト対象のコード4.2 テストコードの実装4.3 テスト結果の検証4.3.1 ステータ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2023年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。