iOS

SwiftでS3への画像アップロード

投稿日:

はじめに

こんにちは、初iOSの記事になります!

今回はSwiftでAWSのS3へ画像をアップロードする方法について、ブログを書きたいと思います。

AWS Cognitoでの認証が本来は望ましいのですが、今回は簡単にIAMユーザを作成し、ACCESS KEYとSECRET ACCESS KEYを利用した方法で紹介したいと思います。

アプリをリリースする場合は、AWS Cognitoを利用するか、IAMユーザの場合はアクセス権限を十分に絞ってください。

AWS上での事前準備

AWS上での準備については、省略しますが下記の2つを準備してください。

IAMユーザについては、作成したS3のバケットへアップロード(PutObject)できる権限を付与しておく必要があります。

  • S3にバケットを作成
  • IAMユーザの作成(上記のバケットへの「s3:PutObject」権限あり)

CocoaPodsでAWS SDKをインストールをする

Podfileに下記を記載して、インストールします。

認証の設定をする

冒頭で記載したとおり、今回はIAMユーザでの認証を行います。

accessKeyとsecretKeyにはAWSで作成したIAMユーザのものを設定してください。

下記の処理は、S3で画像などをアップロードする前に1度だけ実行するようにします。

UIImageを保存して、URLを取得する

S3へ投稿するファイルは、一時的に端末内に保存して、そのURLをS3のSDKに指定する必要があります。

下記のメソッドで、S3へのアップロードする画像が保存されているURLを取得できます。

S3へアップロードする

下記のメソッドでS3へアップロードができます。

下記のメソッドを呼ぶ前には、上記で記載している認証の設定を事前に実行する必要があります。

また、「uploadRequest?.bucket」にはAWS上で作成したバケット名を指定し、「uploadRequest?.key」にはS3上に保存したいファイル名を指定します。

なお、ファイル名はtest/hello.jpgとするとAWSコンソールなどから見た際にtestフォルダ内にhello.jpgファイルが保存されているように見えるので、ファイルをまとめて管理したい場合には、「test/」などのプレフィックスをつけるとよいでしょう。

さいごに

直近のプロジェクトで、S3へ画像をアップロードする必要があったので調べてみました。

ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

age_footer_300rect




age_footer_300rect




-iOS

執筆者:


  1. […] また、iOSのSwiftでS3への画像アップロードの記事も合わせてお読みいただければと思います。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

1 はじめに2 TTTAttributedLabelとは3 CocoaPodsでインストール4 実装4.1 Labelの表示4.2 タップの検知5 さいごに はじめに こんにちは。 はじめましてnuk …

page_side_300rect