iOS

Swiftの配列、辞書関連メソッドの基本

投稿日:2017年6月9日 更新日:

はじめに

普段はRubyやPHPを学習しておりますが、少しSwiftの配列、ハッシュ(辞書)型のメソッドを教えていただきました。
せっかくなので記事にしたいと思います。

同じような境遇(あまりアプリ側に触れない)の方に、「へ〜、そうなんだ」と思ってもらえたら嬉しいです。
本日取り上げるのは、Ruby on Railsで馴染み深いメソッドのSwift版になります。

配列(Array)

まずは配列です。
例として、下記を使用します。

filter

クロージャで指定した条件を満たす、新しい配列を返却します。

例として、2の倍数を取得する処理を記述します。

上記のようにクロージャを渡すのですが、第一引数に$0でアクセスでき、下記のように簡略にすることもできます。

map

配列の1つ1つにクロージャで指定した処理を行った配列の結果を返却します。

例として、1つ1つの要素を2倍にする処理を記述します。

簡略式も下記に記載します。

reduce

要素のたたみ込みをするためのメソッドです。要素をまとめて一つにする場合などで利用できます。

例として、要素の合計値を取得する処理を記述します。

簡略式も下記に記載します。

辞書(Dictionary)

辞書に関しても上記のfiltermapreduceのメソッドは使えます。簡略式ですが、こちらも記載しておきます。

まずは、例で操作対象となる辞書を宣言しておきます。

filter

Dictionaryのため、順序保証がないのと、返却値はタプルの配列になっています。

map

こちらもタプルとしています。

ただ、辞書で返却したい場合が多いと思います。その場合は、次項のreduceのやり方がオススメです。

reduce

上記で、注意点としては、一度$0varDict変数に代入しているところです。これは、$0イミュータブルな変数だからです。

そのため、下記ではエラーとなります。

さいごに

いかがでしたか?

Ruby on Railsではおなじみのメソッドですが、少しSwiftならではの制約があります。

ただ、とても可読性が高く、便利なメソッドではないでしょうか?

age_footer_300rect




age_footer_300rect




-iOS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

iOSでライブラリFSCalendarをつかって簡単にカレンダー表示

1 はじめに2 準備3 実装3.1 Storyboard3.2 コード3.3 タップの取得4 さいごに はじめに こんにちは、nukkkyです。 ツール系アプリ開発時にカレンダー表示を よく使うと思い …

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

1 はじめに2 TTTAttributedLabelとは3 CocoaPodsでインストール4 実装4.1 Labelの表示4.2 タップの検知5 さいごに はじめに こんにちは。 はじめましてnuk …

iOSアプリのチュートリアルに便利なMMPopLabel

1 はじめに2 準備3 実装3.1 Storyboard3.2 MMPopLabelの準備3.3 MMPopLabelの表示3.4 Delegate4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 …

SwiftでS3への画像アップロード

1 はじめに2 AWS上での事前準備3 CocoaPodsでAWS SDKをインストールをする4 認証の設定をする5 UIImageを保存して、URLを取得する6 S3へアップロードする7 さいごに …

Swift3 コードでの画面遷移

1 はじめに1.1 環境2 performSegue2.1 事前準備2.2 遷移先を示すSegueを作成2.3 遷移させるイベントを作成2.4 画面遷移させる3 prepare3.1 事前準備3.2 …

page_side_300rect






follow us in feedly

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930