FrontEnd

Vue.js入門その5〜マークダウンのリアルタイムプレビューをつくる〜

投稿日:

はじめに

久しぶりのVue.jsに関する記事です。
今回は、以前記載させていただきました、JQueryとmark.jsでマークダウンのリアルタイムプレビューをつくるを書き換えたいと思います。

今までの記事はこちらになります。

環境構築

JSFiddleを使用します。
設定方法などはVue.js入門その1〜基本文法〜をご参照ください。

  • Vue.js: 2.2.1
  • marked (cdn.js): 0.3.6
  • lodash.js (cdn.js): 4.17.4

marked.jsの設定

CDNのロード

JSFiddleの左側、External ResourcesでCDNの設定をできます。

下記のリンクより、 marked.js のリンクを取得し、設定します。
(特に修正するわけではないので、 min.js のリンクを取得しました。)
marked

動作確認

HTMLの記述欄に記載して動くか確認してみます。

下図のように表示されるかと思います。

マークダウンを変換して表示

雛形の作成

変換の部分は後回しにし、画面表示とVueインスタンスだけ作成します。
簡易的にするため、 form タグでは囲っていません。

HTML

v-modelを設定しておき、Vueインスタンスの input プロパティと双方向バインディングをさせます。

JS

HTMLに変換して返す

Vueインスタンスに、マークダウンからHTMLに変換して返す処理を追加します。
このとき、 getter としても機能させてくれる computed を使用します。

やっていることは input プロパティを marked メソッドで変換して返しているだけです。
これを変換後の文章を表示するエリアに埋め込みます。

innerHTMLをしてくれるv-html

HTMLを書き換えるときは、v-htmlが便利です。
これで指定したプロパティ、もしくはメソッドで書き換えてくれます。

ここまでで、変換はうまくいっているかと思います。

ただ、公式ドキュメントにも下記の通り記載がありますが、ユーザーからの入力をそのまま表示させると危険そうです。

任意の HTML をあなたの Web サイト上で動的に描画することは、XSS攻撃を招くため大変危険です。v-htmlは信頼済みコンテンツのみに利用し、絶対にユーザの提供するコンテンツには使わないでください。

サニタイズする

marked メソッドは第二引数でオプションの設定ができます。

https://github.com/chjj/marked

例えば、サニタイズしない場合は、下記のようにスクリプトを実行できます。

ここで、第二引数に sanitize オプションを入れておきます。

タグをそのままエスケープしてくれるので、ひとまず安心です。

変換をまとめて行う

debounce を利用して、一定時間の間に行われた処理をまとめて実施したいと思います。
Vue.jsの1系では v-modeldebounce 属性があったようですが、2系で削除されました。
v-modelのdebounce削除

ドキュメントを読むと lodash.js が勧められていたので、そちらを使用したいと思います。
lodash.js はJavaScriptのユーティリティライブラリで、 debounce 以外にも便利なメソッドがたくさんあるようです。
Lodash

今回はまたExternal Resourcesで読み込もうと思いますので、CDN版を利用します。
lodash.js

HTMLの書き換え

値が変わるたびに、 debounce のメソッドを呼びたいと思いますので、 v-model はやめて、v-bindv-onを使用します。

v-bind では、 textarea の値と input プロパティを結びつけます。
v-on は特定のイベントが起きたときにメソッドを呼びます。
v-on:input で、 textarea の値が変化したら、関数を呼ぶようにします。
イベントリファレンス -input-
(関数はまだ実装していませんが、先に書いておきます。)

また、 v-bindv-on にはそれぞれ省略記法があるので、そちらで書き換えてみます。

updateValueメソッドの追加

lodash.js_.debounce を利用して、プロパティの変更をまとめて実施するようにします。
_.debounceの引数はそれぞれ下記のようになります。

  • 対象の処理(関数)
  • 時間(ミリ秒)

今回は0.5秒で変更するようにしました。
(主観ですが、1秒だとけっこう遅く感じます。)

0.5秒間隔で eventObject から値を取得し、 input プロパティにセットします。

これで、処理がまとめて実施されるようになったのではないでしょうか?

さいごに

サンプルは下記になります。
CSSの方はお好みでお願いします。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[Rails + Materialize] DateTimePickerがなかったので…

1 はじめに2 前提条件2.1 ビューのイメージ3 モデルにゲッターとセッターを追加4 入力フォームに追加4.1 JSファイルにて使用宣言4.2 HTML4.3 コントローラーのストロングパラメータを ...

Vue.js入門その1〜基本文法〜

はじめに 軽量JSフレームワークとして有名なVue.js。 最近、Laravelに触れる機会が増えたことと、以前からRails + Vueという構築を耳にするので、今更ではありますが勉強を始めようと思 ...

Vuexの機能と使い方

1 はじめに2 Vuexとは2.1 Single Source of Truth2.2 状態の取得、更新のカプセル化2.3 単方向データフロー3 Vuexのストア3.1 ステート3.2 ゲッター3.3 ...

[Rails + Materialize] パンくずリスト用のヘルパーを作成した

1 はじめに2 パンくずリストを上書き2.1 サンプルのHTML2.2 CSSの上書き3 ヘルパーにする4 さいごに はじめに またまたMaterialize関連の記事になります。 Materiali ...

tailwindcss

Tailwind CSSの基礎とVue.jsへの導入

1 はじめに2 Tailwind CSSとは2.1 utility class3 Bootstrapとの比較3.1 柔軟性3.2 コード量3.3 学習コスト3.4 ファイルサイズ3.5 その他4 なぜ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。