BackEnd

PHPerだけどKotlinを勉強したって良いよね その1〜クラス編〜

投稿日:2018年2月2日 更新日:

はじめに

ひょんな事からKotlinを勉強することになりました。
私は普段はPHPやRubyのようなサーバーサイドスクリプト言語を使っており、あまりJavaに触れる機会がないため、拙い説明になってしまうかもしれません。
とはいえ、せっかく勉強をしているので、記事にしたいと思います。

勉強に使用した本はKotlinイン・アクションになります。
また、動作確認にはkotlincを使用しました。

インターフェース

基本

Kotlinだと interface キーワードを使うことで定義できます。

これをクラスで実装するためには、

Javaでいう @override アノーテーションの代わりにKotlinでは override 修飾詞をつける必要があります。これは必須です。
実際にやってみます。

試しに、 override をつけないで実装しようとします。
すると、下記のようなコンパイルエラーが出ます。

  • インターフェースは複数実装できる。
  • クラスは1つしか継承できない。
  • override 修飾詞は必須。つけないなら同じメソッド名を使わない。

デフォルト実装付メソッド

インターフェースにデフォルトで定義しておくこともできます。

デフォルト実装があるなら、具象クラスで再定義しなくても大丈夫です。

同じメソッド名を持つ複数のインターフェース

同様に、

ClickableFocusable を実装してみると、エラーになってしまいます。

同一メソッド名を持つ場合は、明示的にどちらのメソッドを使用するか宣言する必要があります。

Javaだと Clickable.super.showOff() になるところです。
実際に試してみます。

修飾子

open

Javaだと、明示的に final をつけなければ、全てのメソッドをオーバーライドできます。
ただ、Kotlinだとデフォルトが final になります。
もし、そのクラスのサブクラスを作成したい場合は、 open をつける必要があります。

abstract

  • abstract をつけた抽象クラスはインスタンス化はできない。
  • interface と同様、抽象メンバは常に open
  • 非抽象メンバはデフォルトでは open ではないが、 open にすることもできる。

可視性修飾子

  • public どこからも参照可能
  • internal モジュール内からのみ参照可能
  • protected サブクラスから参照可能
  • private クラス内からのみ参照可能(トップレベルだとファイル内からのみ参照可能)

internal というのは初めて見ました。
モジュールはコンパイル後のひとまとまりを指すそうです。

さいごに

勉強のまとめとして記事にさせていただきました。
他にもネストしたクラスやシールドクラスなどの解説も読んだのですが、まだ私の中で腑に落ちていないため、改めて記事にしたいと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

js

GoogleAppsScriptを使ってmBaaSの定期実行処理を実装する

1 はじめに1.1 簡単な状況説明1.2 定期実行を行う方法2 実装2.1 実装の流れ2.2 JavaScriptの実装2.3 スクリプトをアップロードする2.4 Google Apps Script ...

php logo

PHP入門 〜文字列と数値の操作〜

1 はじめに2 基本ルール2.1 開始と終了のタグ2.2 ホワイトスペース2.3 大文字と小文字の区別2.4 コメント2.5 変数の定義3 文字列の操作3.1 文字列の定義3.2 無駄なスペースを削除 ...

WebアプリからLINEのメッセージを送る方法

1 はじめに2 Messaging APIとは2.1 Messaging APIの仕組み2.2 Webhookイベント2.3 メッセージオブジェクトの種類2.4 料金形態3 LINE Develope ...

rails

さらば「rails migrate」、よろしく「ridgepole」

1 はじめに2 Ridgepoleとは3 rails migrateではなく、Ridgepoleを選定した理由4 rails migrateからRidgepoleへの移行手順5 capistrano3 ...

麻雀で自分が何を切るか学習させる

1 はじめに2 プロジェクト名を決めてみる3 何切る問題で考慮される要素3.1 手牌3.2 ドラ3.3 考慮していない要素(本当は入れたい)4 学習の方法5 さいごに はじめに 前回執筆しました、配牌 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。