iOS

[Swift] プロトコルを弱参照するために

投稿日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。久しぶりにSwiftの記事を投稿します。
アーキテクチャの都合上仕方ないのですが、プロトコルだらけのコードを読んでます。

プロトコルとは

手順書とか決まりごとのような表現がされていますが、概ねその通りだと思っています。
例えばIntやStringで比較を行う際に==< を使います。
==< で比較できるのはIntとStringがComparableと言うプロトコルに準拠して作られているためです。
クラスの継承と似ているように思えますが異なります。
使用シーンの違いなどはこちらのサイトが参考になるかと思います。

    プロトコル

  • 複数のプロトコルを設定できる
  • 準拠する対象を意識せず設定できる
  • 構造体や列挙型でも利用できる
    クラス継承

  • 複数のクラスを継承できない
  • 親クラスを継承する為親のクラスを意識する必要がある
  • 構造体は継承できない

プロトコルの作成方法

プロトコルを作成するには下記のようなコードになります。

    プロトコルで宣言できる内容

  • 関数
  • インスタンスプロパティ・タイププロパティ
  • イニシャライザ
  • typealias
  • 添字付け

面積を返す関数を持つ図形プロトコルを定義すると下記のようなコードになります。

プロトコルを採用したクラス作成

作成したプロトコルを採用するには下記のように記述します。

これだけだとTriangleクラスがFigureプロトコルに準拠していないということでエラーが発生します。
Type 'Triangle' does not conform to protocol 'Figure'
Figureプロトコルでfunc culcArea() -> Floatという関数を宣言したので、プロトコルを採用したクラスでは宣言された関数を実装しなければなりません。

使用例

構造体に採用することも可能ですし、プロトコルを採用されていれば配列にまとめることも可能です。
試しに少しコードを書いてみました。

ClassOnlyProtocolとは

前の章で構造体や列挙型にもプロトコルの使用が可能と書きましたが、構造体と列挙型等に制限を行いクラスのみで設定できるプロトコルを作成する事も可能です。

メリット

こちらを使うメリットとしては、参照を渡す場合に弱参照のweakを設定できるようになります。
デリゲートなどで相手のインスタンスを参照するような場合には弱参照で保持し循環参照を防ぐことができます。

AnyObjectを指定しない場合は
'weak' must not be applied to non-class-bound 'FigureDelegate'; consider adding a protocol conformance that has a class bound
上記のようなエラーが表示されます。
エラー原因はそもそも弱参照は参照型に対してのみ定義できます。
プロトコルは参照型(クラス),値型(構造体、列挙型)全て設定できるため、weakを設定しているのに値型が入る可能性があります。

使用例

最後に

プロトコルの設定方法をまとめさせていただきました。
プロトコルの拡張は複雑になっているため、また今度改めてまとめられたらと思っております。

おすすめ書籍

詳解 Swift 第4版  リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)  よくわかるAuto Layout iOSレスポンシブデザインをマスター

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift3] コードで動的にオートレイアウトを変更する

1 はじめに1.1 前提条件2 事前準備3 1.NSLayoutConstraintのActiveを切り替える4 2.NSLayoutConstraintのActiveを切り替える(複数同時)5 3. ...

Swift [unowned self]を[weak self]に修正してみた

1 はじめに2 通信環境の再現3 unowned self4 修正方法5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです「SwiftUI」が発表されました。レイアウト作成がとてもしやす ...

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

【Swift】Tesseract-OCR-iOSを使って文字の読み取り

1 はじめに2 導入準備2.1 ライブラリのインポート2.2 言語モデルのインポート2.3 カメラを利用する準備3 レイアウト作成4 カメラ撮影5 データ解析5.1 UIImageのエクステンション5 ...

iOS Chartsライブラリを使い移動平均線を描画してみる。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入2.2 描画の準備3 折れ線グラフを描画する3.1 LineChartViewの設定3.2 LineChart用のデータ作成3.3 ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2018年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。