BackEnd

Stripe Connectを使って複合プランの継続課金を実装その2

投稿日:

はじめに

前回の記事では、プラン(月額)とユーザ数分のID(従量課金)という2種類の継続課金商品の実装例を紹介しました。今回は、前回の補足として、新たに追加プランという継続課金商品を追加する方法を紹介します。

その際、新規で継続課金商品を契約すると、請求書が別れてしまうため、既存の継続課金商品をアップデートする形で追加します。

追加プランの作成

追加プランの料金体系は以下のとおりです。

実装

日割り金額の確認

プランの変更、ID数の増減と同様に、次の請求までの日割りの請求金額を求めることができます。

追加プランの契約

既存の定期支払いプランに新しい継続課金商品を追加します。やり方は、前回プランを変更したときとほぼ同じですが、 items のパラメータに id を含めません。

さいごに

前回の記事の補足として、既存の定期支払いプランに新しい継続課金商品を追加を追加する方法を紹介しました。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン8.x対応 PHP本格入門[上] ~プログラミングとオブジェクト指向の基礎からデータベース連携まで

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Stripe Connectを使って複合プランの継続課金を実装

1 はじめに1.1 想定する継続課金1.2 想定するシチュエーション2 継続課金商品の作成2.1 プランの継続課金商品の作成2.2 ID数の継続課金商品の作成3 実装3.1 プランAとID数を30契約 ...

laravel logo

DeployerでLaravelをデプロイ! 初期設定〜レシピのカスタマイズまで

1 はじめに2 Deployerの導入2.1 前提条件2.2 インストール3 デプロイの設定3.1 デプロイスクリプト3.2 サーバサイドの設定3.3 デプロイコマンド3.4 Deployerのディレ ...

rails

Railsで複合主キーのテーブルを扱う

1 はじめに1.1 前提条件2 実装例2.1 config2.2 マイグレーション2.3 モデル3 さいごに はじめに RailsでWebサービスを開発する際のDB設計では基本的にidが主キーになると ...

Go言語

Go言語の基礎〜基本構文その1〜

1 はじめに2 変数2.1 変数の定義2.2 暗黙的な定義2.3 varと暗黙的な定義2.4 ローカル変数とパッケージ変数3 定数3.1 const3.2 iota4 関数4.1 関数定義の基本4.2 ...

icon

PHP、Ruby、Pythonのfor構文を比較してみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント2.1 PHP2.2 Ruby2.3 Python3 1から100まで出力してみる3.1 PHP3.2 Ruby3.3 Python4 リスト型(配列)の出力4 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。