BackEnd

Ruby2.4でCookieを手動で復号する際に発生したエラーの対処

投稿日:2017年6月2日 更新日:

はじめに

こんにちは、onoです。

現在開発中のアプリケーションでログインAPIのテストコードを実行したところ、
Ruby2.3.1ではうまくいっていたCookieの復号が、Ruby2.4.1ではエラーが発生したので調査しました。

前提条件

Ruby 2.4.1
Rails 5.1.0

発生したエラー

実際のコード

実際のコードは下記の通りです。

Ruby 2.3.1で開発していた前のアプリケーションでは、上記のコードで復号できていました。
ところが、Ruby 2.4.1で開発中のアプリケーションではエラーが発生しました。

エラー詳細

6行目の encryptor.decrypt_and_verify の箇所で下記のエラーが発生しました。

 

原因

どうやら、Rubyの openssl が変更になったために発生したようです。

今までは、keyに長すぎる値を渡すと自動的に適当な長さに切り取っていたようですが、正しい長さのkeyを渡さないと例外が発生するようになりました。
参考:http://nisshiee.hatenablog.jp/entry/2017/04/17/192703

どう対処したか

修正後のコード

修正前は64byteのkeyが生成されていましたが、ActiveSupport::KeyGeneratorでkeyを生成するようにしたところ、エラーが解消されました。

参考:https://stackoverflow.com/questions/41474176/how-to-decrypt-a-rails-5-session-cookie-manually

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelで非同期実行する

1 はじめに1.1 動作環境2 準備2.1 デーブルの作成2.2 .envの修正3 ジョブの作成4 ジョブのディスパッチ5 キューワーカーを起動6 より細かな制御6.1 特定のキューにディスパッチする ...

laravel logo

Laravelで認証APIを作る

1 はじめに1.1 条件1.2 JWTとは2 準備2.1 認証機能を有効化2.2 jwt-authのインストール2.3 コンフィグファイルの作成2.4 secretの作成3 Userモデルを修正4 g ...

Docker上のLaravelのログをFluentdに出力する

1 はじめに2 環境3 Fluentdについて4 目的5 Fluentd本体はdocker-composeで導入5.1 fluentd5.2 db5.3 app5.4 web6 Laravelからログ ...

rails

Railsでの非同期処理とDelayed Job

1 はじめに2 Active Job2.1 Active Jobの役割2.2 ジョブを作成する2.3 ジョブをキューに登録する2.4 コールバック2.5 例外3 Delayed Job3.1 設定3. ...

Go言語

GoのWeb Application Framework

1 はじめに2 代表的なGoのWAF2.1 軽量なWAF2.2 フルスタックなWAF3 Ginを使ってみる3.1 クエリパラメータ+ポストパラメータ3.2 ファイルアップロード3.3 URLのグループ ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。