BackEnd

LaravelのHttp Facade

投稿日:

はじめに

現在関わっている案件でHttpクライアントライブラリのGuzzleHttpを利用してHttp通信する事がありました。

Laravelではこれを楽に実装出来てしまうHttp Facadeが用意されてあったので、こちらを紹介したいと思います。

Http Facadeは、Laravel7.から導入されたHttpクライアント機能で、内部ではGuzzleHttpを使用しています。GuzzleHttpのラッパーとなっています。

GuzzleHttpの参考:LaravelでHTTP通信

基本定な使い方

http通信ではこちらこちらを利用させてもらっています。

get

URLの指定のみで使用可能。 Illuminate\Http\Client\Response インスタンスが返却される為、レスポンスがJSONであれば配列にパースする事が可能です。

クエリパラメーターを付ける場合は、第二引数に連想配列で設定する事が出来ます。

post

第二引数に送信データを連想配列で設定する事が出来ます。

また、デフォルトは Content-type: application/json になりますが、 asForm() を付けると
Content-type: application/x-www-form-urlencoded にしてPOSTする事が出来ます。

タイムアウト

timeout() メソッドで秒単位でタイムアウト設定をする事が出来ます。
指定秒数を超えると Illuminate\Http\Client\ConnectionException が投げられます。

リトライ

クライアントまたはサーバーのエラーが発生した場合に、再度リクエストを行いたい場合は retry() メソッドが使用出来ます。

第一引数にリトライ試行回数、第二引数にリトライ間隔をミリ秒数で指定します。リクエストが全て失敗した場合、 Illuminate\Http\Client\RequestException が投げられます。

マルチパートリクエスト

ファイル送信などしたい場合は、 attach() メソッドが使用出来ます。

第二引数にファイル内容と第三引数にファイル名を指定出来ます。

ファイルを複数送りたい場合は、 attach() メソッドをつないで送る事が出来る様です。

エラー処理

GuzzleHttpと異なり、エラー(ステータスコード400 ~ 500)時に例外が投げられません。

その為、 try ~ catch で囲まずに、用意されてある返却結果の判定メソッドで処理分けする事が出来ます。

細かく判定出来るので、それぞれの処理分けを簡単に行う事が出来ます。

Exceptionを投げたい場合は throw() メソッドが使用出来ます。

これは、エラー発生時には Illuminate\Http\Client\RequestException を投げて、通常時はレスポンスインスタンスを返却します。

さいごに

Httpファサードを利用すると簡潔にHttp通信処理が実装出来そうです。

今の現場ではLaravelバージョンが7.未満で使えませんが、機会があれば是非利用したい機能だと思いました。

おすすめ書籍

PHPフレームワークLaravel Webアプリケーション開発 バージョン8.x対応 PHPフレームワークLaravel入門 第2版 PHPフレームワーク Laravel実践開発

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

aws

ALB+EC2な環境でhttpをhttpsにリダイレクトする

1 はじめに1.1 前提条件2 ALBの設定3 Nginxの設定3.1 注意点4 さいごに はじめに httpsに対応済みのWebサイトの場合、httpでアクセスされた時にhttpsでリダイレクトする ...

laravel logo

Laravelの開発環境構築

1 はじめに2 開発環境構築2.1 Homestead2.2 Laradock3 Laradockで開発環境構築3.1 Laradockのダウンロード3.2 コンテナの設定ファイルを作成3.3 コンテ ...

rails

form_withでフォームの送信前に処理を行う方法

1 はじめに2 form_with3 サンプル4 さいごに5 参考 はじめに フォームを送信する前に処理を行いたいケース(Google Analyticsのイベントのトラッキングなど)があると思います ...

rails

Active Strageを使用してユーザーのアバターを登録、表示する

1 はじめに1.1 環境2 セットアップ2.1 前準備2.2 マイグレーションファイル作成2.3 設定ファイル3 実際に使って見る3.1 モデル3.2 コントローラー3.3 ビュー4 個人的メモ4.1 ...

Go言語

GoフレームワークGinでミドルウェアを使ってログインAPIを実装

1 はじめに2 ログインAPIの作成3 ログインのセッション管理4 ミドルウェア4.1 gin.Default()4.2 Logger4.3 Recovery4.4 sessions5 独自ミドルウェ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。