iOS

Swift3 + Alamofire4 + Unbox2.4を使ってJSONをパースする

投稿日:2017年5月31日 更新日:

はじめに

こんにちは、はじめです。

 

今回はAlamofireとUnboxを使ってJSONのパースをしてみようと思います。

サンプルコードではiTunesのAPIでアーティスト検索を行っています。

前提条件

・Swift 3.1
・Xcode 8.3.2
・Carthage 0.23.0
・Alamofire 4.4.0
・Unbox 2.4.0

 

完成形

完成形は以下の画像のようにSearchBarに入力をし検索を行うと、

検索結果がテーブルに表示される形になります。

ソースは以下のようになります。

 

モデルの作成

Unboxを使ってモデルの作成を行います。

今回はiTunesの楽曲情報の中からアーティスト名、楽曲名、楽曲の金額を取得します。

(表示に使用しているのは楽曲名だけです。)

 

次にUnboxでJSONのパースを行います。

 

 

APIクラスの作成

Alamofireに渡すためのURLを作成します。

今回はアーティスト名でのみ検索を行うので検索する文字列以外は固定となっております。

APIクラスを実行する際に検索する文字列をURLに追加する処理をイニシャライザとして用意しておきます。

 

実際にAPIを実行する処理は以下になります。

 

ViewControllerの作成

はじめにstoryboard上でSearchBarとTableViewを追加し、outlet接続しておきます。

Delegateの指定

SearchBarとTableViewのデリゲートを指定します。

 

TableViewの設定

TableViewの表示に必要なコードを記述します。

 

SearchBarの設定

 

さいごに

このままだと日本語での検索に失敗してしまいました。

今後の課題として修正して行こうと思っております。

解決した際また記事にしてみようと思います。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift]AVSpeechSynthesizerで音声再生

1 はじめに2 実装2.1 コード2.2 呼び出し3 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 音声読み上げはちょっと今更感が漂いますが、案件で使用したばっかというのと、備忘録兼、初心者向けと ...

[Swift]AlamofireでファイルのUploadをしてみる

1 はじめに2 CarthageでAlamofireを導入する2.1 CartFileの作成とライブラリのダウンロード2.2 Xcodeの設定3 Alamofireとは3.1 AlamofireのHT ...

swift

[Swift4]UITextViewにプレースホルダをつける

1 はじめに1.1 前提条件2 実装3 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 UITextFieldにはプレースホルダが標準で用意されていますが、UITextViewには用意されていません ...

【Swift】XCUITestでScrollViewのテストをしてみる

1 はじめに2 XCUITestとは3 導入方法3.1 オブジェクトの配置3.2 UISCrollView3.3 ラベルとボタン4 テストのための設定4.1 ラベル5 テストコード5.1 SetUp5 ...

swift

Swift3でRealmを使ってみる

1 はじめに1.1 前提条件2 事前準備2.1 Realmのインストール・設定2.1.1 Carthageファイルの生成2.1.2 CarhageにてRealmをインストール2.1.3 Realmをイ ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。