BackEnd

PHPerだけどKotlinを勉強したって良いよね その2〜コンストラクタ編〜

投稿日:2018年2月15日 更新日:

はじめに

前回、PHPerだけどKotlinを勉強したって良いよね その1〜クラス編〜の続きになります。
今回はKotlinにおけるクラスのコンストラクタになります。

勉強に使った本はKotlinイン・アクション、環境はkotlincを使用しています。

コンストラクタ

Kotlinにはプライマリコンストラクタとセカンダリコンストラクタがあります。

プライマリコンストラクタ

これは以下の宣言と同じです。

  • プロパティに引数をセットするだけであれば、 init ブロックも必要ない
  • 上記の例であれば、 constructor キーワードも省略できる。
  • ただ、 val を引数につける。
  • デフォルト引数も持てる。

インスタンス化する場合は new も不要です。

クラスがスーパークラスを持つ場合は、スーパークラスも初期化する必要があります。

コンストラクタを明示的に指定しない場合は、コンパイル時にデフォルトコンストラクタが生成される。

ただし、デフォルトコンストラクタが生成されているため、このクラスを継承する場合は明示的にコンストラクタを呼び出す必要があります。
これが、継承する際にスーパークラスのクラス名の後にカッコが必要な理由のようです。

インターフェースはコンストラクタを持たないため、カッコをつける必要はありません。

セカンダリコンストラクタ

Kotlinでは複数のコンストラクタを持つことは少ないようです。
大体がプライマリコンストラクタで解決されるからです。

ただ、例えばJavaで宣言された2つのコンストラクタを持つViewクラスを考えてみます。
Kotlinだとこのように書き換えられます。

このクラスを拡張する場合、同じコンストラクタを宣言できます。

this() キーワードを使ってあるコンストラクタから自分のクラスの別のコンストラクタを呼び出すこともできます。

インターフェース内で宣言されたプロパティ

Userインターフェースを実装するクラスが、 nickname の値を取得する手段を用意する必要があります。
実際に実装してみる。

ニックネームのみを入力した人

ニックネームと email を入力した人

Facebookのアカウントで登録した人

多分どこかで定義されているであろう getFacebookName メソッドを返します。

getter、setterからバッキングフィールドにアクセスする

バッキングフィールドを参照しない場合、getter、setterを持ったプロパティをインターフェースに含めることができます。

この場合は email はサブクラスによってオーバーライドされる必要がありますが、 nickname はそのまま使えます。
バッキングフィールドを参照してしまうと、インターフェースが状態を持ってしまうのでできません。

Userクラスで、プロパティに格納されているデータが変更された場合、ログに残すようsetterを定義します。

setter、getterでは field という特別な識別子を使えます。
この field を呼ぶことで現在バッキングフィールドに格納されている値を参照できます。
getterでは値を読むことしかできないが、setter内では値の変更もできます。
またミュータブルプロパティでは、getterとsetterのどちらか一つを再定義することもできます。
バッキングフィールドへの明示的な参照とデフォルトアクセサを使用する場合、コンパイラはプロパティのバッキングフィールドを生成するようです。

アクセサの可視性

アクセサの可視性はデフォルトでプロパティと同じです。
ただし、必要に応じて可視性を変更することができます。

 

さいごに

勉強のまとめとして記載させていただきました。
次回はクラス委譲などをまとめたいと思っています。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

LaravelでHTTP通信

1 はじめに2 インストール3 基本的な使い方3.1 GETでリクエストを投げる3.2 リクエストヘッダーを指定3.3 クエリパラメータを指定3.4 timeout時間を指定3.5 POSTでリクエス ...

Go言語

Golangのファイル操作基本

1 はじめに2 ファイル/ディレクトリの操作2.1 ファイル/ディレクトリの存在を確認2.2 ファイル/ディレクトリの名前変更2.3 ファイル/ディレクトリの削除2.4 ディレクトリ内のファイル確認2 ...

laravel logo

LaravelのHttp Facade

1 はじめに2 基本定な使い方2.1 get2.2 post3 タイムアウト4 リトライ5 マルチパートリクエスト6 エラー処理7 さいごに8 おすすめ書籍 はじめに 現在関わっている案件でHttpク ...

rails

RailsでSidekiqを使ってみた

1 はじめに1.1 実行環境2 前準備2.1 Redisのインストール3 Railsの準備3.1 プロジェクト作成3.2 新規登録時にAPIを叩く4 Sidekiqの準備4.1 Workerを作る5 ...

laravel logo

Laravelで非同期実行する

1 はじめに1.1 動作環境2 準備2.1 デーブルの作成2.2 .envの修正3 ジョブの作成4 ジョブのディスパッチ5 キューワーカーを起動6 より細かな制御6.1 特定のキューにディスパッチする ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。