BackEnd

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

投稿日:2018年7月30日 更新日:

はじめに

皆さんはRailsで開発する際のアプリケーションサーバは何をつかっていますか?

私は以前からPumaに興味を持っていたのですが、出た当初は他のGemのマルチスレッド対応が心配だったこと、Capistranoの設定を使いまわしていたことから、もっぱらNginx+Unicornな環境ばかり構築してきました。

Pumaが出てからだいぶ経ったのでそろそろ使ってみようということで、新しく開発したサービスでPumaを使ってみることにしました。

そこで今回はデプロイ関連の設定について書いてみようと思います。

環境

本番サーバの環境は下記のとおりです。

  • CentOS 7.5
  • Nginx 1.15.1
  • ruby 2.5.1
  • rails 5.2.0
  • capistrano 3.11.0
  • capistrano3-puma 3.1.1

Pumaとは?

Pumaはスピードと並列性を追求したアプリケーションサーバです。
http://puma.io/

Unicornとの比較

Unicornは複数のworkerプロセスで並列処理を行いますが、Pumaは複数のスレッドで並列処理を行います。

Unicornと比べてPumaの利点としてはスロークライアントを起こしにくい点が挙げられます。
反面、コードの書き方を注意しないとrace conditionを引き起こす危険性があります。

Unicornのスロークライアント問題に関してはNginxなどのリバースプロキシをたてることで解消できます。
herokuには標準ではリバースプロキシが無いようですが、DockerコマンドとHerokuコマンドを使ってたてることができるようです。

Pumaのスレッド

Pumaでは予めスレッドをスレッドプールに用意しておき、リクエストが来たときにスレッドに処理を任せます。

MRIでは同時に1つのスレッドしか動作させられない(グローバルVMロック)ことから、Rubyの処理系はRubiniusやJRubyが良いようです。

Pumaの使い方

Pumaの起動、停止、再起動のコマンドは下記のとおりです。

pumaコマンドでも操作することができますが、オプションをいくつも指定しないといけないのでpumactlを使うことを推奨されています。
pumactlを使う場合、デフォルトでconfig/puma.rbを読みに行ってくれます。

デプロイ設定

Pumaについて簡単に説明したところで、デプロイ設定に移ります。

Gemを追加

以下を追加してbundle installします。

Capfileの設定

まず以下のコマンドで設定ファイルの雛形を生成します。

次にCapfileを以下のように修正します。

deploy.rbの設定

共通のデプロイ設定を行います。
config/deploy.rbを以下のように修正します。

注意点は下記の2点です。

  • shared/config/にローカルのmaster.keyをアップロードする
  • rbenvをユーザローカルにインストールする場合、「append :rbenv_map_bins, ‘puma’, ‘pumactl’」を追加する

production.rbの設定

本番環境のデプロイ設定を行います。
config/deploy/production.rbを以下のように修正します。

今回はサーバにアクセスするための鍵とGitHubにアクセスするための鍵が異なるので、forward_agentを有効にしています。
この場合、予め鍵をssh-agnetに登録しておく必要があります。

デプロイコマンド

初回のみ以下のコマンドを実行してディレクトリを作成します。

デプロイは以下のコマンドで行なえます。

おまけ

nginx.confのサンプルを記載しておきます。

さいごに

実際の環境構築ではDBスキーマの管理をridgepoleで行っていたり、パッケージの管理をyarnで行っていたり、wheneverでcronの設定を管理したりしているので、deploy.rbはもっと長くなっています。

今回の環境構築では以前と比べて変更点が多く(secret_key_baseの管理の仕方が変わっているなど)苦労しましたが、なんとか解決できました。

現状ではデプロイのたびにパッケージのインストールが走ってしまいデプロイに時間がかかっているので、手が空いたら見直していきたいと思います。

参考

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

LaravelのFacade(ファサード)とは? 何気なく使用していた裏側の仕組みを解説!

1 はじめに1.1 Facadeを使用しているクラス2 Facadeの仕組み3 Facadeの作成3.1 サンプルコードに必要な実装3.2 Serviceの作成3.3 Facadeクラスの作成3.4 ...

Stripe Connectを使って継続課金を実装

1 はじめに2 商品・価格の登録2.1 マイグレーション2.2 製品・価格登録処理の実装2.3 Stripe管理画面での確認3 サブスクリプション登録3.1 事前準備3.2 課金処理の実装3.3 St ...

Go言語

Golangのsyncパッケージによる同期・排他制御

1 はじめに2 sync.WaitGroup3 sync.Mutex4 sync.RWMutex5 sync.Map6 sync.Once7 sync.Pool8 さいごに9 おすすめ書籍 はじめに ...

laravel logo

Deployerで複数の環境やサーバにデプロイするには

1 はじめに2 hosts.ymlファイルの作成3 プロダクション・ステージング環境を分ける3.1 ymlファイルの記載3.2 デプロイコマンド4 複数台のサーバに同時リリースする4.1 ymlファイ ...

Rubyを使ってDialogflowのお勉強

1 はじめに1.1 環境2 とりあえずAPIで叩いてみる2.1 テスト用のIntentを作成2.2 Gemの設定3 Eventについて3.1 WELCOMEイベント3.2 パラメータ付きで叩く3.3 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。