BackEnd

RSpecの個人的Tips集〜その1〜

投稿日:2018年1月10日 更新日:

はじめに

みなさん、テストコードは書かれているでしょうか?
私も極力書くよう心がけているつもりですが、忙しかったり、難易度が高いテストだとすぐにサボってしまいます。

私は主にRSpecを使用していますが、実は便利なメソッドがたくさんあります。
今回は備忘録を兼ねて記事にまとめたいと思います。
参照するRSpecのバージョンは3.7です。

その1として連載形式にしたいと思っていますが、いつ「その2」を書くかは未定です(笑)

テストコードの実行をスキップする

大きな変更があり、既存のテストコードが使えなくなる事があると思います。
そんなときにエラーが出っ放しも気持ち悪いので、実行時にスキップさせます。
ファイル単位でスキップさせる場合は、下記のskipを使用すると良いと思います。

Skip examples

テスト単位でスキップさせるならば、テスト内でskipを使用します。

なお、他にもpendingという方法があります。
こちらの記事に記載がありますが、外的要因による一時的なテスト失敗は、pendingの方が良さそうです。

共通のテストコードを用意する

例えばモデルのconcernなどでモジュールを用意し、それをモデルにincludeする事があります。
モジュールの方でテストしても良いのかもしれませんが、テストを共通化し、それを各モデルのテストに取り込みたいと思います。
そんなときにも便利なメソッドがあります。

Shared examples

まずは共通化したいテストを作成します。

それを必要なSpecに取り込みます。

なお、it_should_behave_likeの前にletbeforeの処理を置いておけばそちらを評価してくれます。

外部APIの返却値をスタブにする

外部APIを使用した処理をテストする場合、返却値をスタブに置き換えた方が良いかと思います。

下記のようなツイッターにツイートするメソッドがあったとして、
(TwitterのAPIについてはちゃんと確認してないのでよしなに解釈してください。。。)

Specの方ではあらかじめこのメソッドについてスタブを置きます。

クラスメソッドの場合は、allowで良いですが、インスタンスメソッドの場合はallow_any_instance_ofを使用します。

RSpec Mocks 3.7

さいごに

簡単なTips集ですが、まとめてみました。
また、私も最近知ったのですが、テストレコードなんかを作成するのに最適なFactoryGirlですが、FactoryBotに名前が変わるそうですね。
こちらの記事で経緯が説明されておりました。

thoughtbot/factory_bot
【翻訳】”Factory Girl”が”Factory Bot”に変わった理由(と移行手順)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelのバッチ処理を作る

1 はじめに2 環境3 artisanコマンド作成4 artisanコマンドをバッチとして登録する5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちは。webアプリにつきもののバッチ処理ですが、もちろん ...

markdownで書けるドキュメントツールのGitbookを試す

1 はじめに2 Gitbookとは3 nvm4 node.jsインストール5 Gitbook導入5.1 インストール5.2 初期化5.3 ローカルでブラウザから確認6 作成と編集6.1 見出し編集7 ...

rails

Ruby、Railsの時間に関するメソッドを使用してみた

はじめに 普段PHPのお仕事をしています、tonnyです。 半年程前からRuby on Railsの勉強を始めました。 今回はよく使う時間に関するメソッドついてまとめたいと思います。 目次 1 はじめ ...

laravel logo

Laravelで非同期実行する

1 はじめに1.1 動作環境2 準備2.1 デーブルの作成2.2 .envの修正3 ジョブの作成4 ジョブのディスパッチ5 キューワーカーを起動6 より細かな制御6.1 特定のキューにディスパッチする ...

Go言語

Go言語で使えるmigrationライブラリ

1 はじめに2 migrationライブラリ2.1 goose2.2 sql-migrate2.3 migu2.4 pop2.5 sqldef3 sqldefを使ってみる3.1 導入3.2 テーブルを ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

東京改造計画(NewsPicks Book)
2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。